Artist

小宮勝昭  Katsuaki Komiya

(drums, percussion)


東京都出身。ザ・ビートルズ、レッド・ツェッペリンを聴いて音楽に目覚め、ドラムを始める。

大学卒業後つのだ☆ひろ氏に師事、独自のグルーヴ理論を学ぶ。

1994年から『リズム&ドラム・マガジン』編集部に所属、2001年1月~2012年3月まで編集長を務める。同時に『パーカッション・マガジン』を新たに立ち上げ、さらに映像作品、スティーヴ・ジョーダン『the groove is here』やマノロ・バドレーナ『All That Percussion!』なども手掛ける。

退職後は演奏家として、ドラム・セットのみならず、ジェンベなどの民族打楽器も駆使する独自のスタイルで、即興~ジャズ~ロック~歌ものまで、さまざまなフィールドで活動。共演歴も女性ヴォーカル・ユニット~ロック界の重鎮~アンダーグラウンド・ジャズ/ロックの俊英などなど多岐にわたる。

個人の作品として『ドラムで一番大切な“グルーヴ”と“音色”を体得する本』(2012年)、『すぐに使えるドラム・ソロ・ネタ帳』(2015年)、ドラム映像3作品、『ハイハット演奏法』『スネア・ドラム演奏法』『ベース・ドラム演奏法』(2015年)、『ドラム脳のつくり方』(2019年)、『至宝のジャズ・ドラム聴け!』(2022年)、『革新の天才ドラマー リンゴ・スター研究』(2022年)などを発表。

自身のバンド作品としてはこれまで、wetsの『wets』(2005年)、小倉英樹とのデュオ、“かんぱち”の『8 YEARS』(2016年)など4作品、故・高橋“Nish”コージ、じゃいあんとのトリオ、立体緊張’s『不撓不屈』(2021年)などをリリース。

現在はPIPERの山本圭右、山本耕右を擁する土偶崇拝やDire Wolfなど、多数のバンドでも活動している。さらにソロ・ドラムスでのパフォーマンスもずっと模索中である。


official facebook
https://www.facebook.com/katsuaki.komiya

official instagram
https://www.instagram.com/katsuaki0319/

野々山玲子  Reiko Nonoyama

(drums)


愛知県知立市出身。幼少から高校までピアノ、中学でギター、高校で演劇、に親しむ。18歳で大学進学のため上京。ずっと興味があったドラムを始める。
 
卒業後は東京と名古屋で「Melatonin」「Orangee doll」「SEAGULL HEAD」などのバンドで活動。新宿LOFT、高円寺ShowBoat、大須ell.SIZEなど様々なライブハウスに出演する。
 
一時期、菅沼孝三氏と舩尾真伊年氏からドラムの基礎を学ぶ。
 
同時期に「ぴあ中部版」を始め、「ぴあ関東版」「リズム&ドラム・マガジン」「朝日新聞」「東京クラブ・ガイド」などの仕事に関わっている。サウンドスタジオノア赤坂店での業務に加えて、フリーペーパー「NOAH BOOK」の創刊に参加。そんな中で自分の在り方を思案するようになり、全ての活動を休止する。
 
数年の休止期間を経て、名古屋で活動を再開。44歳で即興演奏に目覚める。音楽、ダンス、パフォーマンス、映像、など多岐にわたるジャンルの人々と共演。今池バレンタインドライブでの「Impro × Groove」、さらに「strange buzz」「和即宴」などを企画する。
 
2020年、コロナ禍が始まるとほぼ同時に、柳川芳命と臼井康浩とともに「実験的自宅多重録音リレー式  ROW project」を立ち上げる。2021年に自主レーベル「ROW project records」を発足し、配信とCDで『ROW project』をリリース。2023年1月にはライヴ・レコーディングしたCD『Impro × Groove』をリリースする。

2023年3月、「株式会社Musicrep」を設立。
 
「おかわりカルボナーラ」「ノイズ帝王ガイロマンティック」でもライヴを行う。自身の五感を刺激する断片を飲み込みつつ、表現方法を模索し続けている。


official site
https://www.reikononoyama.com

official facebook
https://www.facebook.com/reiko.nonoyama

official X (旧twitter)
https://twitter.com/nnnnray

official instagram
https://www.instagram.com/reiko_nonoyama/